老人ホームの種類についてt

オリジナル見出し01

老人ホームにはたくさんの種類があります。



リハビリや認知症介護などの目的があるものや、必要な介護の程度などによって利用が制限されている施設があります。

ここでは代表的な施設をいくつか説明します。



施設の中には介護保険制度が利用できるものと利用できないものがあります。



介護保険が利用できる施設には老人保健施設と老人福祉施設があります。


老人保健施設はリハビリに重点を置いた介護を行なうところです。



医師や看護師、理学療法士などのリハビリテーションの専門家が常駐しており、簡単な医療管理や健康管理を行ないながら生活リハビリテーションを行うことができます。
病院での治療後にそのまま自宅へ帰ることが難しい場合に入所する人が多く、リハビリテーションによって元気になって自宅に帰ることが出来る人も多くいます。
老人福祉施設は常に介護が必要な状態の人が、職員による介護を受けながら生活を行う施設です。



この施設では食事や排泄、入浴などの日常生活の介護を受けることができ、看護師による健康管理を受けることが出来ます。

費用が低く抑えられていることもあり、非常に人気が高く順番待ちがある場合がほとんどです。



介護保険の施設でないものとしては有料老人ホームがあります。



有料老人ホームは費用を居住費用などを自分ですべて負担することが必要なため、費用がかかりますがサービスが多様化されているために自分にあった施設を選択することが出来ます。

費用に応じてホテルのような設備が整っているところや、最低限の設備で安価に利用できるところもあります。



関連リンク

  • タイトル21

    老人ホームにはたくさんの種類があります。リハビリや認知症介護などの目的があるものや、必要な介護の程度などによって利用が制限されている施設があります。...

  • タイトル22

    日本における老人の割合は増加傾向にあり、2007年には65歳以上の人口が日本国民全体の21パーセントを超えたことから超高齢化社会となっています。それに伴って、老人ホームの需要も伸びてきておりどこの施設も何か月から何年待ち状態となっています。...