老人ホームの種類と特徴

オリジナル見出し01

日本における老人の割合は増加傾向にあり、2007年には65歳以上の人口が日本国民全体の21パーセントを超えたことから超高齢化社会となっています。それに伴って、老人ホームの需要も伸びてきておりどこの施設も何か月から何年待ち状態となっています。



老人ホームにはいくつか種類があり、それぞれ入居するにはいくつかの条件があります。



「特別養護老人ホーム」などは公的な施設となるので費用は安いですが、施設の中には部屋が相部屋になるところや設備が古いところなどもあります。



またここは、介護度が高い人から優先的に入るため、需要も高くなかなか入ることができないです。



それとは反対に「有料老人ホーム」などは、入居費用は高めですが設備は綺麗な所が多く、基本的には個室になりますし、季節的な催し物なども開催されます。



介護度もそれほど高くない人が入れるため、人気の所はなかなか入ることはできませんが、特養ほど入るのに待たなければならないという事はありません。



他にも「軽費老人ホーム」といって社会福祉法人や地方自治体などが運営する福祉施設で、自治体の助成をうけて比較的安い料金で入居ができる施設もあります。



ここはさらに細かく分けると食事の出るところと出ないところに分けることができますが、入居費用が安い点でとても人気がありここもなかなか入ることができないのが問題です。

また、ここでは要介護状態になると対応することができないため、他の施設に代わる必要があります。



関連リンク

  • タイトル21

    日本における老人の割合は増加傾向にあり、2007年には65歳以上の人口が日本国民全体の21パーセントを超えたことから超高齢化社会となっています。それに伴って、老人ホームの需要も伸びてきておりどこの施設も何か月から何年待ち状態となっています。...

  • タイトル22

    私たちの老後の終の棲家としていろいろな種類の老人施設があります。大きく分けると特別養護老人ホームと有料老人ホームの2種類に分けられます。...