高級老人ホームでリッチなセカンドライフを満喫

オリジナル見出し01

老人ホームというイメージはいかがなものでしょうか。



これまで社会を支えて頑張ってきてくださった人たちが仕事を引退し、身体に支障をきたしてしまったり、病気によって介護が必要になったり、家族との同居が難しいために選ぶもの。



そんな寂しさを感じてしまうようなイメージとは少しずつ違ってきていることを知っているでしょうか。



今は仕事を引退して子どもが自立し、誰かのためにと削ってきた時間を惜しみもなく自分のために使うことができるセカンドライフを充実させるために老人ホームという第二の暮らしを求める人が増えてきています。



そもそも老人ホームとは高齢者が暮らしやすいように設計された住まいであり、食事や家事、必要な方への介護などのサービスが受けられる施設をいいます。
確かにこれだけ色々とサービスを受けられるのであれば自身の苦労や、家族にかけてしまう負担を考えずに生活を送ることができるかと思います。



ですが今、注目を浴びつつあるプレミアム(高級)老人ホームは、そこにジムやプールの利用、好きな時にマッサージを受けることができるなど様々なアクティビティーやサービスがついたり、ホテルのスイートルームと変わり映えのない洗練されたリッチなデザインの部屋になっていたり、介護職員の充実がなされていたりと生活の充足度を上げるだけでなく安心して暮らすことができるようになっています。



勿論それだけの施設ともなれば元来の有料老人ホームと比べてもコストは割高です。



まだ都心に多いのが現状ですが、都心からのアクセスに優れ家族も顔を見せに来やすい場所にある物件も少なくありません。



福祉の現場ではクオリティーオブライフ「生活の質」を高めるという言葉を使って利用者の負担を軽減する努力をしていますが、費用との兼ね合いも考慮しながら自分自身で施設を選択し生活の質を高めることができるようになってきているのです。


関連リンク

  • タイトル21

    老人ホームにはたくさんの種類があります。リハビリや認知症介護などの目的があるものや、必要な介護の程度などによって利用が制限されている施設があります。...

  • タイトル22

    日本における老人の割合は増加傾向にあり、2007年には65歳以上の人口が日本国民全体の21パーセントを超えたことから超高齢化社会となっています。それに伴って、老人ホームの需要も伸びてきておりどこの施設も何か月から何年待ち状態となっています。...