有料老人ホームについて

オリジナル見出し01

私たちの老後の終の棲家としていろいろな種類の老人施設があります。


大きく分けると特別養護老人ホームと有料老人ホームの2種類に分けられます。



その中で今回、有料老人ホームについてお話します。有料老人ホーム(以下有料ホーム)は民間の企業が経営しているのが主です。


介護サービスや機能訓練、施設によってはイベントやレクリエーションを行います。



御夫婦で入所されることができたり、ペットと一緒に入所できる施設もあります。



温泉付きのホテル並みの施設など様々な設備の整った施設も数多くあります。65歳以上の自立の方から重度の方まで幅広い片を対象とされた様々な施設があります。


有料ホームには介護付き、住宅型、健康型の3種類があります。



主に介護付きホームと住宅型有料老人ホーム(以下住宅型ホーム)の2種類が多くあります。


特徴として介護付きホームは介護費用が定額制で、24時間体制で介護ケアを受けられるという安心度が高い施設となっています。



ですが、入居金や月額利用料が高額になる場合があります。


そして外部の介護サービスは利用できません。



住宅型ホームは必要な介護サービスを選択して外部のサービスを利用できます。
介護サービスの利用頻度、介護度によっては月額利用料の自己負担額が高額になる場合があります。



また、緊急時以外は施設のスタッフは介護ケアを行いません。



自分にあった介護施設をさがすには施設の種類や特徴を知って理解することが必要になります。

関連リンク

  • タイトル21

    私たちの老後の終の棲家としていろいろな種類の老人施設があります。大きく分けると特別養護老人ホームと有料老人ホームの2種類に分けられます。...

  • タイトル22

    老人ホームというイメージはいかがなものでしょうか。これまで社会を支えて頑張ってきてくださった人たちが仕事を引退し、身体に支障をきたしてしまったり、病気によって介護が必要になったり、家族との同居が難しいために選ぶもの。...